2010年大晦日 振り返る

2010年も今日で終わり。
年初に一応資産面での目標を立てていたようなので見返したが、あまり具体的な事は書いてなかった。
中国株にしても2007年頃をピークに低迷し、完全な回復基調でもなく円高の影響も受けているので大きく動くこともできなかったし、我慢できていればまあ良かったかもしれません。
中国株は可能なら銘柄整理もしたかったのですが、為替の影響は大き過ぎました。
株価では買値を数%上回っていても損益がマイナスという銘柄がいくつかあり売るのは難しいと感じました。
逆に言えば買うには良い時期、こういう状況も考慮して資金のコントロールが出来るようになれば勝ち組に入れるのでしょうが、なかなか難しい。理想を意識しつつやっていくしかないと思います。
ベトナム株・タイ株に関しては1銘柄づつなので基本放置としていたので、問題なし。
あと今年は、FXを始めて1年間やってみましたが、結果はいまひとつ。
中国人民元切り上げか?の時期と日銀の為替介入か?の時期に対応を間違い失敗しました。
ニュースが出て飛び乗り失敗するのは株と同じ、出遅れたら見送る余裕と最悪の場合でもロスカットを食らわない資金の配分を心がけて極度の円高から円安へ向かう所を狙うようにしたいです。

来年は今年より良くなるように頑張ります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック