我慢はしているけれど

前回の更新からほぼ10ヶ月経ってしまいました。
その間、中国株の売買はほとんどしませんでした。
証券会社ではもう底をついて買いを入れる状況が来ているとも言いますが、欧州の金融不安や米国の経済指標が思わしくなかったりすると全世界的に影響を受けてしまうのですぐに悪い状態に逆戻りします。
悪い時はこういう風になるのだと良く覚えておかないといけません。
長期保有でかつての日本の株でソニーやホンダみたいなのに出会えればいいなと思っておりましたが、もともと本業に打ち込んで気が付いたら自分の事業が成功して株価も騰がっていたというお話しなので頻繁に株価を見て一喜一憂している一般人が我慢して保有し続けられる可能性は低いのでしょう。今までは我慢して来ましたが、これからどうするかをもう一度考え直すべきでしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック