テーマ:

伝説の相場師リバモア

気付けばもう中国株も始めてから7年目に入っています。 しかし、自分の手法が確立していると自信を持って言える訳でもなく、成功者の考え方や経験に学ばなければいけないとは思います。 雑誌などを読んでいると紹介されている本もありますが、なかなか読むに至っていませんでした。 今はネット上で本を読む事も可能になってますので、機会があり株式につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国株二季報を購入

今年は中国株二季報2009年夏秋号 を購入しました。二季報を購入したのは久しぶりです。 以前はサーチナ発行の中国企業情報という本をよく見ていましたが、いつからか廃刊になったようで見なくなりました。インターネットの有料サイトもあるのでそちらに移行していったのでしょうか。 中国株二季報も定価3000円と安くはないのですが、インターネット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式優待など

ダイヤモンドZAi 9月号を読みましたが、株式優待の特集などがあり、日本の株も少し見たくなりました。 やはり、株式優待を見ていると、日常生活の中で役に立つものも多くて便利そうだし、チケットなどだと使用する際に少し優越感を感じてしまったり株主の自覚が生まれたりするのかなとも思いました。 ただ中国株を保有する時とは少し違うのかなと思うと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2007年の始まり

年末の休みに入ってから「香港大富豪のお金儲け 7つの法則」という本を読みました。 ユナイテッドワールド証券会長の林 和人 という方の書かれた本です。 ・「経済的合理性」・・・感情を排することが条件となる。 ・華僑富豪の投資不文律・・・「流動性を最大限に考慮して銘柄を選ぶ」 ・株価を左右する4つの要因が何か。 等参考になるになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1億円以上の資産か・・・

ダイヤモンドZAiという雑誌を読んでいたのですが、結構億単位の資産を持っている方はいらっしゃるものでなんともうらやましい限りです。 20代の方でも何千万という資産を持っておられたりするので、今までの自分の感覚からは考えられないです。 億以上の資金を運用する事を考えるとそれだけで少しビビッてしまいますし、まだまだ器が小さい自分です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株を買うより時を買え

これも「相場に勝つ」株の格言/西野武彦 著/日経ビジネス文庫 に載っていました。 日本の相場格言だそうです。株式投資では銘柄の選択も大事だが、それ以上に大事なことは売買のタイミングを間違えないこと…売買のタイミングさえ間違えなければ儲かる可能性が高い、そうです。 中国株では、ちょうど決算発表が出てきてこれから権利落ちすると少し安くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株に一獲千金はない

以前に購入した「相場に勝つ」株の格言/西野武彦 著/日経ビジネス文庫 という本を少しづつ読んでいます。格言集のような本は、長い続きの文章では無いので時間が空いた時に気軽に読めるのが良いです。 「株に一獲千金はない」の解説として、株式をよく知っている人ほど、株式投資に甘い幻想を持たず、慎重な見方をしているのに対して、株のことをあまりよく…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GWは中国へ旅行(つもりだけ)

ゴールデンウィーク中の海外出国者数は36万人を超える見通しだそうです。 自分はその中に入らないので、「地球の歩き方」の中国編を見て、もし行くならどこにしようかなどと安上がりな想像で済ませます。 本に付いている地図を広げてみましたが、やはり広い、大きい。 面積は日本の約26倍などと聞いた事はあっても実際に移動を想定するとその大きさは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は本屋へ

仕事の帰りに本屋へ寄って来ました。 ここしばらくは中国株の本の新刊は少ないと思っていましたが、市場の調子も良いみたいなので、そろそろ出てるかなと思ったのですが、あまりなかったです。Qさんの本はありました。Qさんはコンスタントに本を出されていてスゴイ方です。 もしかするとこれからいろんな方の本が出版されるのかもしれません。 でも、読…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

波のうえの魔術師

一昨日の報道ステーションにライブドアの件の解説で石田衣良さんが出てました。 「波のうえの魔術師」という本の作者です。 この本は、株式に関する物語で、主人公が老人と出会い株式について学んで行く、そして信用取引(空売り)を利用して、ターゲットのある銀行の株価を下落させて利益を得ると言うような内容でした。 自分は信用取引はしませんので、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

金持ち父さんの本

昨年末に購入した「金持ち父さん貧乏父さん」をやっと読み終えました。 資産の作り方、運用の仕方に対する考え方が書いてありましたが、お金がお金を生み出さないと本当の資産とは呼ばないのですね。 よく「お金はお金がたくさんある人の所に集まる。」みたいな話はしますが、どうしてそうなるかということは考えたことがありませんでした。お金がお金を生む…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more